九州リーグ沖縄集中開催の結果報告

4月4日(金)から九州リーグが開幕しました。
七隈トンビーズは選手16名、マネージャー2名の計18名で4月4日から4月6日の3日間沖縄で2試合行いました。

4月5日〈土〉
会場:沖縄県総合運動公園陸上競技場
対戦相手:新日鐵住金大分
試合結果: 七隈トンビーズ 0(前 0 – 0 後 0 – 3 )3 新日鐵住金大分
試合内容
新日鐵住金大分のキックオフで試合開始。
前半は九州リーグ昨年上位の対戦相手に対して試合の主導権を握られ、攻め入られるもシュートミスなどもあり、0-0 で前半を終えた。
後半では、49分に相手のスルーパスから失点、また52分にも立て続けに攻め入られシュートを防いだキーパーのこぼれ球を押し込まれ失点、その後も1点を失った。
後半では、相手の運動量に対して90分戦い抜く運動量が不足していた。
また、球際やセカンドボールにおいても相手との差がはっきり出た試合だった。

4月6日〈日〉
会場:沖縄県総合運動公園陸上競技場
対戦相手:鹿児島ユナイテッドFCセカンド
試合結果:七隈トンビーズ 0(前0‐0 後0‐0 )0 鹿児島ユナイテッドFCセカンド
             (PK 5 - 4 )
試合内容
前半は前日の新日鐵住金大分戦と同様で、ボールを回されるも決定的チャンスは作らせず、体を張って守り、攻撃の面ではカウンターでサイドの展開しなかの持ち込んでシュートを打ったり、コーナーキックでもチャンスはあったものの得点できず0-0で前半を終えた。
後半は、前半にボールを回された疲れも出始め運動量が落ちプレスが弱くなりゴール前まで回されてシュートを打たれる場面が何度かあった。DFやGKの体を張ったディフェンスにより何とか後半も無失点でしのぎ、試合は即PK戦へと移った。トンビーズは5人目までしっかりと決めて鹿児島ユナイテッドFCセカンドの5人目をGK片宗が止めて初勝利し、貴重な勝ち点を手にすることができた。
初めての九州リーグでチーム、個人ともに得られるものが大きかった。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック